【必読!】既婚者同士の恋愛に付いて回るリスクとその回避方法

既婚者同士の恋愛につきまとうリスク 既婚者同士の恋愛
わっさん
わっさん

こんにちわ、わっさん(@W89175549)です。

この記事では既婚者同士の恋愛におけるリスクとその回避方法について書いています。

既婚者同士の恋愛には必ずリスクが付きます。自分はもちろん、相手のためにもリスクをきちんと把握して回避し、迷惑をかけないようにして下さい。

既婚者同士の恋愛に付いて回るリスクとは

既婚者同士の恋愛に付いて回るリスクは関係がバレる事で起る次の3つのリスクです。

  • 家庭の崩壊
  • 慰謝料・裁判費用を請求される
  • 社会的信用を失う

です。

家庭の崩壊

家庭の崩壊

これは既婚者同士じゃなくても起きる事で、バレる事によって家庭の崩壊を起こします。夫婦が離婚するだけならまだしも、子供がいるなら心の成長にも悪い影響を与えてしまいます。

バレれば離婚・家庭を失う可能性は高くなりますし、最終的に1人になってしまいます。

既婚者同士であれば、お互いの家庭を崩壊させることは絶対に避けるべきです。

慰謝料・裁判費用

慰謝料・裁判費用

既婚者同士の恋愛を犯罪という人もいますが、そうではありません。

しかし、民法上では「不法行為」に当たる可能性があります。2人の関係が深まり、体の関係を持ってしまったら間違いなく不法行為になります。逮捕はされませんが、慰謝料を請求されることがあります慰謝料の相場として

過去の判例などを参考に慰謝料の金額は,単に浮気をしただけなら(離婚も別居もせず,夫婦関係を継続する場合なら)50万円~100万円,浮気が原因で別居に至った場合は100万円~200万円,離婚に至った場合は200万円~300万円が一般的な相場です。金額にかなりの幅やバラつきがありますが,浮気・不倫による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向であると考えられます。
引用:アディーレ法律事務所

自分の配偶者から請求されるだけでなく、相手の配偶者からも請求される可能性がありますし、離婚裁判となれば弁護士費用を払う必要も出てきますので、本当に大変です。

お互いのちょっとした不注意で、お互いの配偶者から多額の慰謝料を請求されることや裁判まで発展した場合、裁判費用まで払うこともリスクとして捉えておきましょう。

社会的信用を失う

社会的信用を失う

既婚者同士の恋愛が家族や周りにバレると、一気に社会的信用を失います。世間では「不倫はいけない事」と思っているので、バレる事で「あの人最低」「信用できない」と思われ、社内不倫であれば会社に居辛くなったり、転勤させられたりします。

既婚者同士の恋愛におけるリスクを回避して関係を長続きさせる方法

既婚者同士の恋愛におけるリスクを回避する唯一の方法は「バレない」です。バレれば上で書いたリスクが全て現実化し、逃れようのない責任を負う事になります。

そこで、僕がいつも心掛けているバレないための方法を紹介します。ちょっと抽象的な事になりますがとても大事な事です。具体的な方法がある場合には別記事にて紹介します。

家族を一番に大事にする

家族を大事にする

既婚者同士で恋愛をしていても、家族を1番に大事にしてください。家族を大事にする事は不信感を持たれにくい状況を作ります。不信感を持たれなければ、不自然な行動があっても気付かれにくくなります。

加えて個人的なお願いですが、子供を持つ人は寂しい思いをさせるようなことはしないでください。家族との約束は守り、思いやりを持って接してあげてください。

わっさん
わっさん

既婚者同士の恋愛って、家族の事を考えるととても身勝手な事だと思うんです。それを重々承知でお付き合いをしているならば、身勝手をさせてもらっている家族に日頃から尽くすことは大事だと思います。

バレないためにも、家族は1番に大事にしてあげてください。

婚外恋愛に没頭しない事

没頭しそうになっても我慢

婚外恋愛に没頭しないことがバレない秘訣です

婚外恋愛に没頭してしまうと、LINEやメール、会う時間を多く作りたくなります。それが家族にとっては不自然な行動と見られ、怪しまれ、バレてしまいます。

それに、婚外恋愛に没頭してしまうことで注意が欠けてしまうことがあり、バレる糸口を作ってしまいます。

証拠は残さない

証拠隠滅

LINEやメールの内容、2人の画像、デートの時のパンフレットやレシートは残さないようにしておきましょう。

画像はスマホ内に絶対に残さない方が良いですし、SNSに上げるなんて厳禁です。

わっさん
わっさん

一度、画像でバレそうになりましたが、その時は嫁の追求・彼女への追求を考えるてすごく怖くなりました。その時の記事がこれです→バレた

クレジットカードの利用は厳禁です。クレジットカードを利用すると、家に明細が届いた時にバレてしまいます。デートや食事の時には現金払いがベストです。

無理はしない事

無理しない関係

付き合い始まって数ヶ月経つと、お互いに相手に求める事が多くなり、その要求に答えたい、答えなくちゃいけないと思って、家族から見れば不自然な行動を起こしてしまうこともあります。

バレないためには「無理をしないこと」も大事です。

お互いにそれを理解し、相手に無理をさせない配慮ができる関係でいましょう。

まとめ

既婚者同士の恋愛は、お互いに家庭で満たされない物を埋め合う非常に心地のいい関係です。

でも、法律上では不法行為に当たり、本来いけない事であって、発覚すれば自分はもちろん相手にも嫌な思いをさせる事になります。しかもバレた時に受ける報復行動は大人のやる事ですからエゲツないです。

それを承知の上で付き合っている訳ですから、バレないようにするための努力は神経質になるくらいするべきです。

それに、バレることで自分の配偶者を深く傷つけます。

チャラい言い方にするつもりはありませんが、バレなければ傷つけることはありません。

絶対にバレないようにしてください、お願いします。

コメント