妊活の本①

スポンサーリンク

先日、家を掃除してたら、妊活の本がありました。

嫁に
「これ、どうしたの?」
と聞いてみたら

「この前、本屋に行ったときに買った」

と言っていました。

子供が欲しいから、そういう本を買うのも然るべきかと思っていると、嫁が一言

「効率的に子供を作れれば良いなぁ」

と。

最も聞きたくない言葉でした

僕が嫌そうに

「効率的って」

と復唱すると、嫁が焦ったように

「あ、あ、言葉が悪かったね。」

と言いました。

ラブラブではなくとも、普段から心穏やかに過ごせていて、営みがあるならば、その効率的という言葉もここまで嫌な気持ちを持たなくて良いと思います

しかし、普段から営みに対して嫌な気持ちを持っている相手の前で、しかも地雷のような言葉を言う。

ガッカリしました。

全く分かってくれてないし、分かろうともしてくれない気持ちがあったと解釈してしまいました。

自分の望みを叶えるためなら、相手の気持ちはあまり関係ないと、再び思ってしまいました

この記事を読んでいる方の中には、器の小さい男と思って腹立つ人がいるかもしれませんが、ここは僕のブログ、これも僕の1面だと思ってご理解ください。

コメント