旦那さんの危機

スポンサーリンク

彼女の旦那さんに危機が訪れていました

ちょっと前に、彼女の旦那さんは手術を受けていました。ある部分に腫瘍が出来ていて、生活に支障を来す事は無いのですが、除去した方がいいとの事で、その腫瘍の除去手術を受けました

その3週間後、彼女の旦那さんに異変が見られたようです。

最近、具合が悪く、食欲もないとのこと。

お腹がポッコリしてて、気になるとの事でした。

受けた手術の術前検査で、「肝臓の状態を表す数値が高い」と言われていたそうです。

具合が悪く、食欲もなく、肝臓の数値が高いと言われるともしかしたら、、、と思うのが普通ですよね。

彼女が「ガンだったらどうしよー」と心配し始めました。
僕も彼女の立場だったら、同じことを考えるでしょうね

彼女の家庭は車と家のローンを持っているので、将来の経済的負担を考えたのでしょうね。

僕の母親も肝臓ガンで、今闘病中ですが、発覚するまでは自覚症状もなかったので、精密検査に行くことを促しました。

放っておくと分からないうちに進むからと言って

ガンだったら、抗がん剤を打って、、、と話していると、会えなくなるかもという不安が彼女から見えてきました。

まぁ、検査してみないと分からないからとなだめて、その時はLINEを終わりました。

僕と彼女は秋にお泊まりに行く約束をしていたのですが、僕は万が一のことも考えて

「秋のお泊まりをちょっと考えようか?」

と送ると

「分かった、そこからもう会わないってことね」

と勘違いをしてしまいました。

いやいや、そういう意味ではなくて、もしガンだった場合、抗がん剤の投与日がその日とかに当たってしまったらダメじゃん?

と送り、間髪いれずに

「あのさ、俺、貴女とずっと一緒にいたいよ。でも、それには旦那さんは必用だ」

と送ると、確かに、と返ってきました

今の生活の基盤は彼女の収入だけでは賄えない事が分かっていたからです。

彼女は思っていた不安を僕に明かしてくれました

「もし、ガンで、抗がん剤打つようになったら、会えなくなるかもよ?」

僕はそれに対して

「その時は5分でも10分でも顔を見せてくれないかな?俺がそっちまで行くから」

「ダメ?」

と聞いたら

「そうしてくれるなら、会いたい」

と言ってくれました。

彼女はその時、涙をこぼしていたそうです。

その二日後、旦那さんが別の症状で薬を貰いに行った際に、ちょっと見てもらったところ

単なるガス溜まりの可能性が高いそうです

orz

何だそれ!?(笑)

彼女とは、単なる俺らの取り越し苦労だったな(笑)と笑いました

秋のお泊まりは確定になりました(笑)

コメント