プラトニックなデートⅡ

スポンサーリンク

年明けのショックが薄れた頃に、彼女とプラトニックなデートをしてきました。

いつものデートは彼女が住む町でしていますが、今回は彼女がいつも通る道やいつも行くスーパー、行きたいと思っていた蕎麦屋さん、神社に行くことにしました。

彼女の日常を知るデートをしてきました。

待ち合わせの場所に着くと同時に彼女も来て、僕の車に乗り込んで、ドライブに行きました♪

初めは彼女が気になっていた神社。どういう神社なのか、ずっと前から気になっていたようです。

至って普通の神社ではあるのですが、二人で行くと何か嬉しくて落ち着きました。

その後、彼女が気になっていた蕎麦屋さんに行きました。

その蕎麦屋さんはお昼しかやっていなくて、しかも蕎麦がなくなり次第閉店という、とても気になるお店。

早めに着いたので、幸い席が空いていてすんなり座れました。

二人、それぞれ注文した後、話を楽しんでいましたが、彼女の表情はどこか暗い感じがしたので、僕から切り出しました

僕:「どうしたの?何か暗いよ?写メの事気にしてるの?

彼女:「うん

僕:「どうして?

彼女:「だって、私だってあんなの見たら嫉妬しちゃうし、私の顔を見たら思い出しちゃうんじゃないかと思って

僕:「うーん、完全に思い出さないって言えば嘘になるけど、前よりは全然落ち込みとか無いよ♪あの件は貴女の良き思い出だし、俺の頭の中にあるあの写メを書き換えれば良いかな?って思ったんだ。書き換えさせてくれる?

彼女:「うん

僕:「よし!じゃ、俺も綺麗に撮るぞー(笑)。彼の写メは綺麗で見とれちゃったし(笑)

彼女:「まだ言ってるー(笑)

僕:「(笑)だから、もう気にしないで?

彼女:「うん

彼女の表情が明るくなるのを感じました。

蕎麦屋を出た後、彼女の気になっていた酒屋で日本酒を買い、彼女がよく行くスーパーで二人で買い物をしました。彼女の家の夕食ですが(笑)

その後、彼女の車がある待ち合わせ場所に戻り、最近気になっている曲の話や料理の話などで盛り上がりました。

別れる時間になり、二人は💏してお互い帰路につきました。

その後、LINEが入ってきて、彼女のすんでいる町に来てくれて嬉しかったと。

彼女の日常を知ることが出来て、とても趣深いデートでした

コメント

  1. よし より:

    こっぺさん、こんばんは!
    プラトニックが何か~と言う所はありますが(^_^;)
    私たちは、毎日のように会っています。
    月に数回、長い時間のデートをしますよ!
    ランチしたり、飲みに行ったり、何かのイベントに出掛けたり…。
    で、月1でホテル♡
    彼女さん、本当に楽しかったんだろうな!って思いますよ~
    ま、この関係に、何を求めるのか…と言う所はありますけどね(^_^;)

  2. こっぺ より:

    よしさん、こんばんわ♪
    僕としてはプラトニックはホテルに行かない、普通のデートのことを言ってます。

    毎回ホテルじゃ何か寂しいと思って、月に一度はそういうデートをしています。

    毎日のように会えるのは嬉しいですね♪

    僕らは遠距離(?)なので、中々会えませんが、よしさん達のように飲みとか行きたいですね(^^)

    ゴールは無いと思うけど、常にお互いの支えのような関係で良いのではないでしょうか?(^^)

  3. よし より:

    遠距離なんですね…
    それならホテルになってしまうかもしれませんね!
    近くにいても、遠くにいても、心の支えでありたいですよね(*^o^*)
    こっぺさんも、きっと彼女の心の支えになっていると思いますよ!

  4. こっぺ より:

    >よしさん

    そうですね(^^)
    彼女が僕と繋がってることで、彼女の生活に張り合いが出て、彼女らしく生活してくれてれば良いなぁって思います(^^)

    僕が彼女にとってそういう相手で居られたら嬉しいですね♪