年明けのショック②

スポンサーリンク

前回の記事の続きです。

彼の日記を遡って読んでいた僕の目に彼と彼女との記事が目につきました

僕はその時、彼女とのHをもっと良くしたい、もっと彼女を満足させてあげたいと思っていましたが、中々応えられない自分を抜け出したいと思って、ヒントを彼の日記に求めていました。

文章だけと思い込んで読んでいた僕の目に入ってきたのは見たことのある画像でした

彼女の下着、裸体、そしてモザイクが入ってるとはいえ、文章からは彼女と想像できるモノでした

正直、凄くショックを受けました。

想定以上のモノを見てしまったショックと、自分が大好きな彼女の、今は自分しか見られない表情が狭いコミュニティーとはいえ、不特定多数の人に見られているという、酷い言い方をすれば晒されてるというショック

見るんじゃなかった

頭にはその一言が浮かびました。

その後、彼女に確認してみたら、彼女が写ってるもので掲載することを了承したと答えてくれました。

その間、彼女は何度も謝ってくれました

彼女の気持ちは分かっています

彼と知り合ったときは愛されたい欲求と安らぎ、自分の性癖を受け止めて貰いたいという拭いきれない衝動から彼と知り合い、そういう関係になっていたことを。

分かっているけど、その時の僕には気持ちの整理をつけられていませんでした。

僕は彼女に了承を貰って、彼に画像を消してもらうように御願いすることにしました

コメント