4回目のデート

スポンサーリンク

4回目のデートの事を書きます。

4回目のデートは彼女が生理だったので二人で街をぶらつくことにしました。

僕はこういうデートは嫌いではありません、むしろ好きな方です。

僕は前の不倫の時もそうでしたが、心身を満たし合う仲なのだから、常に会う場所がホテルというのは悲しい。

偶には二人で手をつなぎ、街をぶらついて、気になったお店を見たり二人で食事をするなどのカップルらしいデートをしたい

と常に思っています。

彼女も、ホテルで過ごす時間は好きだけど、たまには二人で手を繋いで歩いたり、美味しい物を食べに行ったり、景色の綺麗な場所に行きたいと願っていたので4回目のデートをそうすることにしました。

僕は約束の時間に待ち合わせの場所に行き、彼女が来るのを待っていました。

しばらくすると、彼女がやってきて、彼女の車に乗りこみ、彼女が行きたがっていた図書館に行きました。

彼女は本が好きで、よく図書館に行くらしく、借りたい本があったので付き合って欲しかったそうです。

僕はどちらかと言うとあまり本を読む方ではなく、映像や音楽などを好む方でしたが

彼女とお目当ての小説コーナーに行くと、僕が見たことのあるテレビドラマや映画の原作本を彼女が手に取り見ていたので、その作者の話や原作本の中身について話が盛り上がってしまいました。

本を借り終わった後は、ファッションビルの中を探索しました。
今回は彼女の住む町でのデートでしたが、二人で歩く場所は彼女がほとんど来ない場所。
彼女も新しい発見があったらしくて良かった、良かった♪

そのファッションビルの中で、僕は服屋さんを見つけました。
そこは古着と新品が置いてあるお店で、彼女にはほとんど馴染みのないジャンルでした。
僕が気になってそのお店に入ってみると、彼女もあちこち服を手にとって見ていました。
8歳の年の差がある不倫カップルですが、どうやら服の趣味は意外と合うらしいです♪

「これ、似合いそうだよね?」「これ、貴方が着たら可愛いかも」

など、二人で服選びを楽しみました。

その後、ランチを取る為に彼女が下調べしてくれていたお店に行ったのですが、満員で
並ぶにも時間がもったいないと意見が合ったので、別のお店に行きました。

結局、ファミレスに行って普通のご飯を食べましたが
二人で食べると、普通のご飯もさらに美味しく感じます。

今回は、僕が夕方に会社に戻らなければいけなかったので早めに出発する予定でした。

ご飯を食べ終わった後、僕の車がある場所まで移動し、出発の時間まで二人で話を楽しんでいました。

僕は思います。

彼女は僕にとって不倫相手です。
でも、僕は彼女をセフレと思った事はありません。
彼女も気持ちを持った一人の女性です。

大切な彼女と会えて、お付き合いをさせてもらっているのだから
彼女の心も満たしてあげたい。
彼女の喜ぶ顔が、僕の喜び。

普通のデートもしてみたい。
そんな彼女の願いをかなえられて、僕も嬉しかった。

これからも、こういう事が出来る仲で居させて欲しいと思います。

コメント