不倫をするようになった理由

僕と嫁と家庭

僕が不倫をするようになったのは

  1. 寂しさ
  2. 現実逃避

この2つが大きな理由です。

①では、寂しさを感じてしまった事

②では嫁が持つ特徴とそれで悪影響を及ぼす現実からの逃避

【不倫をしたいと思った理由】寂しさ

僕が不倫をするようになった理由の1つ、精神的安定について書きます。

夫婦は子供が出来ると、男女を忘れて家庭の構成員として機能することが多くなります。

嫁は子供と現実を重要視し、旦那の言葉を受け入れる余裕を無くしている事が多く見受けられると思います。

僕もそうです。

僕は家庭では嫁の愚痴や自分に対する文句の聞き役となり、僕の話をすることはほぼありません。

これって、子供染みた事かもしれませんが、男にとっては結構寂しいことなんです。

家族の構成員といっても一人の人間、誰かに自分の話を聞いて賛同してほしいものです。

要するに、自分に興味をもたれていないと思ってしまいます。

この事は何回か話し合いましたが、現状は変わりません。

むしろ、自分の事しか考えていないと切り捨てられてしまいます

毎日、こんな思いを抱き続ければ嫁への諦めが生まれ、自分に興味を持ってくれる人を探すようになりました。

自分の話を聞いてくれて、賛同してくれて、辛いときにふと抱き締めてくれる人

そんな相手こそが不倫相手だと考えるようになりました。

僕は娘の事を考えると、家庭を壊す気はありません。

都合良いし、嫁と娘には酷いことをしていると分かっています。

でも、僕も一人の人間。この先、ずっと耐えきれないような孤独を我慢していくのは耐えられません

【不倫をしたいと思った理由】現実逃避

僕が逃げたい現実は以下の通りです。

嫁の自己愛性パーソナリティ障害

これは、最近気付きました。バカでした。
嫁は自己愛性パーソナリティ障害らしく、今では少し和らいできましたが、根強く特徴が見られます。
これが元で嫁を避けるようになりました。
親族や自分側の家族とのトラブルが絶えません

嫁、姑舅との確執

これは嫁のボーダーが原因での事だと考えています。
いずれ、実家に戻ることを考えているのに、三者の関係はずっと平行線です。
僕は元々ケンカが嫌いだし、娘への悪影響もかなり考えられるのでずっと頭を悩ませています

僕が不倫をするようになった原因、まとめ

以上の2つから僕の中で妻との夫婦関係は家庭を運営していくだけのパートナーでしかなく

仲の良い恋愛関係の延長線という理想の夫婦関係は消えました。

互いに家庭での責任を果たしているだけで、個人的に何の癒しも感じなくなりました。

まるで家に帰っても会社にいるかのようで安らぎはありません。

妻も頑張ってくれているのは分かりますが、家庭の運営と言うところだけに目線が行ってしまい、
それを構成する個人の気持ちと言うものに対しての配慮が無くなってしまいました。

自分勝手というのは承知ですが、長い人生、家に帰ってまで会社の構成員のようになるのは詰まらないと思って不倫を意識し始めました。

コメント